解説の案内


by soma-shakyo

日立木地区 地域座談会を開催しました。Ver2

介護保険制度の改正により地域の支え合い体制づくりを推進し、介護予防につなげる新しい総合事業が創設され、相馬市より社会福祉協議会が委託を受け、今年の4月よりスタートしています。
 それに伴い各地域で座談会を開催し、地域の特性や課題の把握、共有に努めてきました。
 最初に生活支援コーディネーターより総合事業が開始となった時代背景や福祉課題の説明、健康寿命の延伸を図るために必要なポイント等々の説明を行いました。

f0296368_12354552.jpg


 日立木地区ならではの強みやつながり、課題などの意見交換会を行いました。
 今夏に老人クラブが発足したことや世代間交流のイベントでは多くの住民が協力的で盛大に行われていること、一方で交通の不便さやご近所でのお茶のみが減っている、老人クラブの担い手がいないなどの課題もあげられました。ある参加者の方からは、いつでもだれでも寄れる場所があって、「この前参加していた○○さんが今日は来てないね。帰りによってみようか…」なんて集いの場ができたらいいよね~との貴重な意見もいただくことができました。
 今回の座談会を終え、住民の方のパワーを強く感じることができました。誰もが安心して地域で暮らし続けることができるよう、あらゆる方々と協力しながら、助け合いや支え合いの意識を高めていったり、今ある活動をより発展できるよう取り組んでいきたいと思います。
 次回は飯豊地区で開催予定です!
[PR]
by soma-shakyo | 2016-10-27 12:36 | Comments(0)