解説の案内


by soma-shakyo

<   2014年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

認知症を考えよう

そうま社協地域包括支援センターでは、認知症になっても安心して過ごせる街づくりを目的として認知症サポーター養成講座を行っています。
f0296368_13594055.jpg
7月24日には、さくら薬局さんから社会貢献の一環として開催したいとの依頼があり開催しました。
病気のことや薬についての身近な相談者である薬局のスタッフの方が認知症サポーターなったことで、多方面からサポートできる街に一歩近づきました。
f0296368_14452356.jpg
そうま社協では、お年寄りに関するさまざまな相談をワンストップで受けられるよう地域包括支援センターやあんしんサポートの事業を行っておりますので、お気軽に相談ください。
[PR]
by soma-shakyo | 2014-07-25 14:49 | Comments(0)

各団体で総会を開催

7月17日は、午前午後とそうま社協が事務局をお預かりしている団体の総会が行われました。
f0296368_1671989.jpg
午前中は、相馬市赤十字奉仕団で、26年度に行う奉仕活動や献血推進活動、社会福祉活動等を行うことを決めました。
今年度の目玉事業は、双葉郡内から相馬市内の県借上げ住宅に避難している方々の交流会の開催で、団員が開催に向けて準備中です。(^O^)
f0296368_1613548.jpg
総会終了後には、団員の交流も兼ねて全員でタオルを使った軽体操も行いました。“これは交流会でもやれる”との声もありました。
f0296368_16162654.jpg
午後には、相馬市ボランティア連絡協議会の総会が行われました。こちらでも仮設住宅や災害市営住宅等での支援について積極的な意見が出されました。
f0296368_16184543.jpg
総会終了後には、そうま社協包括支援センターの職員から「相馬市の介護保険の現況問題について」と題して講演を行い、27年度から変わる介護保険制度の内容を理解しました。今後ますますボランティアの役割が重要になることに再認識しつつ、相馬のために何ができるか真剣に考えていました。
[PR]
by soma-shakyo | 2014-07-17 16:29 | Comments(0)

車いすを頂きました

生涯学習会館が中心となって、「リングプル(プルタブ)再生ネットワーク」(本部:北海道江刺市)に登録し、市内の小中学生がプルタブ回収を行い、1400kgになったことから2台の車いすを本部から受け取り、今回、大野小学校と日立木小学校の児童が総合福祉センターを訪れ、相馬市社協に寄贈しました。
f0296368_1116233.jpg
この車いすは、在宅で生活していて車いすを必要としている人に貸し出します。
f0296368_11184165.jpg
7月12日に、サマーボランティアスクールを開校しました。この企画は、中学生以上の生徒に夏休みにボランティア体験を通して地域福祉や市民活動について考えていただくことを目的としています。
[PR]
by soma-shakyo | 2014-07-14 11:40 | Comments(1)
7月9日に市内の老人クラブ会員の親睦とスポーツを通じて明るい老後を目指すことを目的に開きました。
f0296368_1654315.jpg
この大会には、選手並びにボランティア約600名が参加。
f0296368_16551790.jpg
開会式のあとの準備体操で一汗をかいた後、9種目の競技で熱戦を繰り広げました。
f0296368_1657575.jpg
第1競技はニュースポーツ“ダーマを入れろ”。初めての競技に選手も審判も四苦八苦(ーー;)
f0296368_16593839.jpg
ラグビーボールを豚に見立てた豚追い競争では、勢い余って豚に逃げられ(;_;)
f0296368_171287.jpg
最終競技のファッションショーでは、綺麗なドレス姿のモデルさんにうっとりと?大いに会場を盛り上げ和気あいあいの雰囲気の中で終了いたしました。この大会で玉野チームが3連覇を達成いたしました。
[PR]
by soma-shakyo | 2014-07-10 17:06 | Comments(0)