解説の案内


by soma-shakyo

<   2014年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧


10月20日月曜日から24日金曜日までの5日間エイトタウン内のヨークベニマル黒木店にショッピングに行きました。
年に1度の待ちに待ったショピング!ここぞとばかりに皆さん買い物をしていました。
f0296368_14481368.jpg

忙しくて、局長にも手伝っていただきました。
f0296368_1448476.jpg

 今日の夕食、何にしようかな!?
f0296368_14492456.jpg

皆さんのこの笑顔、大満足だったのではないでしょうか?
[PR]
by soma-shakyo | 2014-10-30 15:08 | Comments(0)
10月16日に相馬看護専門学校の1年生を対象に、老年看護学概論の一環として高齢者疑似体験を行いました。
f0296368_13462663.jpg
加齢に伴う体の変化についての講義のあとに実際に装具をつけて
f0296368_13581130.jpg
目が見えずらくて申込書が書きづらかったり、
f0296368_13503877.jpg
筋力の低下によりヤクルトの蓋がうまく取れない、階段の下りが怖い
f0296368_13524927.jpg
耳が不自由になることで相手の電話の声が聞こえづらいなどを体験しました。
最後のまとめでは、在宅のすべてのお年寄り一人ひとりの生活歴により老化に違いがあることやユニバーサルデザインについて説明することで、サポートの仕方にも理解を深めていました。
[PR]
by soma-shakyo | 2014-10-17 14:02 | Comments(0)

研修会に参加しました

在宅介護支援センターのケアマネジャーが、10月15日に開催された平成26年度第2回相馬市地域介護支援専門員定例会に出席しました。

初めに、相馬市健康福祉課介護保険係高橋係長より「相馬市の介護保険の現状」についてお話がありました。認定者数が4月から9月までの6ヶ月間で1,734名から1,773名と39名増加し、高齢化率も27.6%になったとの報告があり、

次に、伊達市保原地域包括支援センターの森美樹さんから「地域包括ケアシステム」についての講義がありました。
f0296368_1654163.jpg

「高齢者の居場所と出番作り」が地域で行われると高齢者が元気になる、という言葉が印象的でした。
f0296368_1663252.jpg

地域包括支援センターが主体となり、地域包括ケアシステムを作っていく中で、ケアマネジャーの存在も大きいということを学びました。
[PR]
by soma-shakyo | 2014-10-16 17:06 | Comments(0)

災害に備えて

市民の皆さまへ

台風19号が明日未明に接近し、大雨になるようです。
10月13日午後7時現在、相馬市で開設していの避難所は、そうま社協が管理する「はまなす館」一箇所となっています。
避難の際は、くれぐれも被災しないように気を付けてお越しください。

[PR]
by soma-shakyo | 2014-10-13 18:59 | Comments(0)
10月10日(金)に、相馬市赤十字奉仕団の団員15名が体験しました。
f0296368_1646289.jpg
今野事務局長が講師となり、災害時に少しのペットボトルの水があれば作れるハイゼックスでの炊き出しの仕方を伝授。
f0296368_16522147.jpg
米や水の量、袋内の水の抜き方、口の輪ゴムの仕方など悪戦苦闘しながら行いました。経験のある人からは、これが上手くいかないと鍋の中で破裂するんだとの脅しの声もあり真剣でした。
f0296368_16555016.jpg
鍋に入れて40分煮れば完成。鍋の水は川の水などでもOKとの説明にビックリ(゚o゚;;
f0296368_16574458.jpg
試食会が行われ、こんなに旨くできるのね~(*´∀`*)との声や水を多く入れた物でもお粥になって美味しいとの声が聞けました。

災害が多発しています。こんなご飯の炊き方も一度は体験してみませんか?
[PR]
by soma-shakyo | 2014-10-10 17:03 | Comments(0)
10月9日(木)に桑折町赤十字奉仕団の団員25名が相馬市を訪れました。
f0296368_15283847.jpg
今回は、震災の教訓を生かし、有事に備えるために作られた「相馬市防災備蓄倉庫(相馬兵糧蔵)」の見学と磯部狐穴に昨年3月に完成し9世帯が入居している「磯部狐穴井戸端長屋」での入居者との交流が目的でした。
f0296368_15393662.jpg
組長から生活の様子を説明いただき、在宅していた2人の方々からもお話を聞いていました。
そうま社協では、震災を風化させることなくつないでいくため、このような見学も受け入れしていきますのでご相談ください。
[PR]
by soma-shakyo | 2014-10-10 15:52 | Comments(0)
10月7日(火)、8日(水)の2日間、相馬看護専門学校の3年生4名が在宅での福祉活動についての実習のため訪れました。
f0296368_16156100.jpg
病院実習と退院後の在宅での生活支援の違いについて学び、退院後の患者の生活を見据えた看護について理解を深めました。
そうま社協では、相馬地方で看護師、介護士が不足している現状を少しでも打開するために、医療と福祉の両面からの実習生を積極的に受け入れています。
[PR]
by soma-shakyo | 2014-10-09 16:25 | Comments(0)

看護学校での講義

相馬看護専門学校2年生の在宅看護論方法論Ⅰの授業で、地域包括ケアシステムについてお話しました。
f0296368_16525789.jpg

高齢者が住み慣れた地域で自分らしい生活を続けられるように、医療、介護、福祉、生活など多方面から支えていける仕組みの必要性について理解を深めました。
これから大きな役割を担う看護学生のみなさん、共に力を合わせて住みやすい相馬(まち)を作っていきましょう。
[PR]
by soma-shakyo | 2014-10-08 17:02 | Comments(0)

パークゴルフ大会を開催

10月7日(水)に、相馬市老人クラブ連合会長杯パークゴルフ大会を松川浦パークゴルフ場で開きました。
f0296368_11101537.jpg
この大会には、会員98名が参加。開会式では、佐藤憲男副市長と佐藤 満市議会議長から激励のお言葉をいただきプレーを開始。
f0296368_11111195.jpg
交流を深めながら“さくら、さざんか、くろまつ”の3コースで熱戦を繰り広げました。
f0296368_11165533.jpg
成績発表の後、表彰が行われ、
f0296368_1119398.jpg
男女の部優勝の久田 稔さんと末 トミ子さんに玉野地区から参加の吾妻さんが自宅で丹精込めて作った花束のプレゼントもありました。

このパークゴルフ場は、3年半前の震災時にボランティアのみなさんに片付けていただいた所で、その横の護岸では、今でも復旧工事が進められています。
f0296368_112726.jpg

[PR]
by soma-shakyo | 2014-10-08 11:32 | Comments(0)
平成9年10月1日に開所して、17年が過ぎました。
先週は18年目を迎えるのを記念して、おやつの時に手作りおまんじゅうでお祝いしました。
f0296368_10554454.jpg


レクリエーションでは秋の大運動会!!

パン喰い競争や玉いれ、応援合戦など楽しい時間を過ごしました。
f0296368_10405897.jpg

f0296368_10384470.jpg


今後も、利用者の皆さんの要望を聞きながら、楽しく過ごせるように努めていきたいです。
よろしくお願いします。
[PR]
by soma-shakyo | 2014-10-06 15:25 | Comments(0)