解説の案内


by soma-shakyo

<   2016年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

介護保険制度の改正により地域の支え合い体制づくりを推進し、介護予防につなげる新しい総合事業が創設され、相馬市より社会福祉協議会が委託を受け、今年の4月よりスタートしています。
 それに伴い各地域で座談会を開催し、地域の特性や課題の把握、共有に努めてきました。
 最初に生活支援コーディネーターより総合事業が開始となった時代背景や福祉課題の説明、健康寿命の延伸を図るために必要なポイント等々の説明を行いました。

f0296368_12354552.jpg


 日立木地区ならではの強みやつながり、課題などの意見交換会を行いました。
 今夏に老人クラブが発足したことや世代間交流のイベントでは多くの住民が協力的で盛大に行われていること、一方で交通の不便さやご近所でのお茶のみが減っている、老人クラブの担い手がいないなどの課題もあげられました。ある参加者の方からは、いつでもだれでも寄れる場所があって、「この前参加していた○○さんが今日は来てないね。帰りによってみようか…」なんて集いの場ができたらいいよね~との貴重な意見もいただくことができました。
 今回の座談会を終え、住民の方のパワーを強く感じることができました。誰もが安心して地域で暮らし続けることができるよう、あらゆる方々と協力しながら、助け合いや支え合いの意識を高めていったり、今ある活動をより発展できるよう取り組んでいきたいと思います。
 次回は飯豊地区で開催予定です!
[PR]
by soma-shakyo | 2016-10-27 12:36 | Comments(0)
10月25日(火)第2回目の認知症カフェ「オレンジカフェはまなす館」に地域住民の方々13名の参加がありました。
オレンジリングを腕に参加された方や、野の花を摘んでこられ飾ってくれた方もおりました。
初参加の方もすぐに打ち解け、セルフサービスでお互いにお茶・コーヒー等を淹れ、懐かしい話から、自慢の趣味、最新の健康法を伝授したりと、賑やかな楽しい時間は、あっという間に過ぎてしまいました。
f0296368_9394311.jpg
f0296368_9405795.jpg

参加された方々から
・実際に介護されている方の話を伺い有意義なひと時を過ごせました。
・傾聴の大切さ、意見交換の大切さ、心をオープンにでき楽しく過ごせました。
・和やかに話したり、笑ったりする時間が持てて有難かった。
・みんな色々な悩み事があると知りました。自分ひとりで解決できない事でも色々な話し合いで解決の糸口が見つかると思いました。
・サービス利用に対し、拒否的な言行動があるのですが、対応法を教えてほしい。
・認知症対応型の介護サービスについて教えてほしい。
等の感想や相談があり、活発な意見交換ができました。

次回の開催は11月22日(火)14:00から15:30分までです。
みなさまのお越しをお待ちしております。
[PR]
by soma-shakyo | 2016-10-26 10:04 | Comments(0)
f0296368_944222.jpg

第1回目のカフェには地元住民の方々20名の参加があり、ボランティアスタッフが淹れてくれる香り豊かなコーヒーや紅茶に、ほっと一息入れながら、お互いの近況の話題から地域の様々な情報交換をしながら、ほんわかムードの笑顔が見られました。
参加いただいた方々から
「初対面の方々と愉快に対話でき益々元気に暮らしたいです」
「共通の悩みのある方と話が出来て良かった」
「認知症について少し理解できたけど、進行しないような心がけを教えてほしい」
「認知症サポーターの活動を知りたい」等のご意見を頂きました。
次回の開催は10月25日(火)14:00から15:30分です。
どなたでもご自由に参加できますので、ご参加お待ちしております。
[PR]
by soma-shakyo | 2016-10-06 09:59 | Comments(0)