解説の案内


by soma-shakyo
 12日、21名の民生児童委員の方が視察研修のため来所されました。
 事務局長より東日本大震災発生から現在までの社協の活動について説明を行いました。

 
f0296368_14504797.jpg
 坂戸市には利根川や荒川など大きな河川があり、ここ最近は大きな被害はないそうですが、以前は甚大な被害が出た地域とのことです。
 災害が発生した際、民生児童委員としてどのように活動すればいいのか…と考える機会になったとの感想をいただきました。
 研修の後は、相馬市観光協会の職員がバスに同乗し、被災現場や相馬市伝承鎮魂祈念館の見学を行いました。
 
f0296368_14520277.jpg
 最後にみなさんと一緒に記念撮影(^O^)
 また、みなさんとお会いできる日を楽しみにしております。

[PR]
# by soma-shakyo | 2017-06-15 15:25 | Comments(0)
6月12日(月)玉野友寿会のみなさんを対象に行いました。

体験をしていただく前に、まずは骨太けんこう体操で軽く体をほぐし、ニュースポーツ体験!!これはレクレーションスポーツとも言いますが、勝敗にかかわらず気軽に楽しむことを主としています。今回体験していただいたのは、カーリンコン、スポーツガラッキー、公式ワナゲ、ラダーゲッターの4つです。名前からは想像できないものばかりなので、参加者も興味津々です。
f0296368_14042847.jpg
特にご好評だった2つを写真と一緒にご紹介いたします。
スポーツガラッキーは、ロープでつくられた円の中に、「ダーマ」という円すい形のボールを交互に投げて競う陣取りゲームです。滑りやすく力加減が難しい…。しかし徐々にコツをつかんで楽しんでいました。
f0296368_14050811.jpg
一方ラダーゲッターは、ラダー(はしご)に向かって、両端にボールがついたヒモを投げて引っかけることでポイントを競うゲームになります。勝ち負けではなく、まずはターゲットにぶら下げることに集中!!成功した時には大きな歓声があがり大盛り上がりでした。
f0296368_14061335.jpg
ニュースポーツに関するお問い合わせは 相馬市社会福祉協議会 ☎36-5033まで

[PR]
# by soma-shakyo | 2017-06-14 14:49 | Comments(0)
ジャパンゴルフツアー選手会より、『福祉車輌』をいただきました。
f0296368_08420942.jpg

国内男子プロゴルフ選手でつくる「ジャパンゴルフツアー選手会」は6月8日(木)、
福島県内10市町村の社会福祉協議会に、軽自動車1台ずつを寄贈。
f0296368_08415334.jpg

福島市の県総合社会福祉センターでの贈呈式。
当日は、宮里優作会長が来訪。
「一人暮らしの高齢者の見守りなど、地域に密着した生活支援に
役立てていただきたい」とあいさつ。
f0296368_08412189.jpg

宮里優作会長が、サインを入れてくれました。
f0296368_08413734.jpg
f0296368_08410070.jpg

選手会は毎年、獲得賞金の1%を積み立て、軽自動車を購入し、東日本大震災の
被災3県(福島・宮城・岩手)に贈る活動を行っている。

皆さんの気持ちを広く市民に広報PRし、
日頃の活動に活かしていきます。
ありがとうございました。

[PR]
# by soma-shakyo | 2017-06-09 16:40 | Comments(0)
6月5日(月)坪ヶ迫の住民を対象に行いました。区長さんなどの呼びかけもあり15名の方が集まりました。

まずは、けんこうミニ講話からスタート!!
ロコモチェックの1つとして、「ツーステップテスト」の紹介をしました。これは、できるだけ大股で2歩あるき、その歩幅を自分の身長で割ったときの数値で自分の歩行能力を知るものです。その数値が1.3以下の場合は筋力やバランス能力を含む移動機能が低下していると言われています。
f0296368_09140017.jpg
そしてメインの骨太けんこう体操にチャレンジ!!
みなさんお元気で表情も明るく、ひとつひとつの動きがとてもパワフルで気迫を感じました。
f0296368_09142670.jpg
民生委員さんから、「住民のつながりが希薄化しているなかで、この体操をきっかけに交流を深めていきましょう」というお話がありました。私たちもこれを機に、民生委員さんや区長さんと協働し、地域包括ケアシステムの推進を図っていきたいと思います。

[PR]
# by soma-shakyo | 2017-06-07 09:35 | Comments(0)

65()飯豊公民館にて、飯豊地区の民生児童委員さん9名が講座を受講されました。

 認知症の定義や原因となる病気など基本事項を学んだ後、行動・心理症状をわかりやすい寸劇にまとめたDVDを見ながら、適切な対応方法について学びました。

f0296368_16583080.jpg
 参加者の中には、家族が認知症で介護をしていた…、現在、在宅で介護をしている…という方もおり、活発な話し合いの場になりました。

 地域全体で認知症の方とその家族を支援できるようにしたい!と皆さんの熱い気持ちもが感じられた講座になりました。

 認知症サポーター養成講座のお申し込みは、相馬市社会福祉協議会 

☎36-5033までお問い合せください。


[PR]
# by soma-shakyo | 2017-06-06 09:45 | Comments(0)