被災者の心をつなぐ

6月24日に須賀川市老人クラブ連合会女性部の92名が視察研修で本市を訪れました。
f0296368_8384827.jpg
そうま社協今野事務局長より東日本大震災発災から現在までの社協の取り組みを説明しました。
f0296368_840567.jpg
津波の映像や避難所での様子に驚き、仮設住宅、借り上げ住宅での被災者の現在の生活の大変さにも共感していました。
f0296368_846444.jpg
取り組みの話を聞き終えた参加者から、いつ起きるかわからない災害への備えについて学ぶことができた、両市とも放射能汚染の風評被害を払拭するための活動を今後も続けて行かなければ・・・、などの声が聞けました。
# by soma-shakyo | 2014-06-25 09:00 | Comments(0)

福祉体験教室を開催

6月19日、中村第二中学校の3年生を対象に福祉体験教室を開きました。
f0296368_1764353.jpg

総合学習の中の福祉体験で「高齢者疑似体験」と「車いす体験」を行いました。

「高齢者疑似体験」では、白内障になったら目が見えづらくなる、色によっては文字も読みづらいことや指の動きが硬くなると財布のお金が取りづらくなることを感じていました。
f0296368_1772325.jpg

「車いす体験」では対象者の足代わりになることを認識し、車いす操作の技術はもちろんのこと、乗っている方の気持ちや押してもらうことの恐怖を感じていました。
f0296368_17859.jpg

そうま社協では、このような体験や教室を通じて「ふくしの学び」を広めて、人を思いやる心を育んでいきたいと思っています。
# by soma-shakyo | 2014-06-19 17:09 | Comments(0)
もうすぐ夏休みになりますね。
そうま社協では、中学生や高校生などを対象にサマーボランティアスクールを開校いたします。
夏休みの間に福祉活動を体験することにより自分たちが住む地域社会の問題や福祉の現状を理解することで、自分自身の生き方を考え、豊かな心を育んでみませんか。
子どもからお年寄りまでの交流を目的とするメニューを用意していますので、お問い合わせください。

◎問い合わせ先 地域福祉係 ☎37-8668
# by soma-shakyo | 2014-06-18 09:30 | Comments(0)
この事業は、平成25年度の保健センターで行われていた二次予防事業参加者から「教室が終わった後の集まる場所がほしい、学んだことを継続したい」という意見が多く聞かれたため、平成27年3月まで介護予防活動を主体的に継続できる場を提供し、生活機能の維持や向上を図ることを目的に、本会の地域包括支援センターが行うこととなりました。
 
f0296368_17292049.jpg

第一回目の今回は、初めに「ふるさと相馬」に合わせてのオリジナル体操を行いました。
f0296368_17313268.jpg

次に、本会ボランティアセンター職員に講師をお願いし、ロープを使ったゲームや大声での合唱のゲームなど交流の持てるレクリエーションを行ってもらいました。
f0296368_1734662.jpg

f0296368_17352358.jpg

参加者の皆様はゲームの楽しさや交流の楽しさで「大声で笑えた」「久々の再会だが皆さんと話しをするのは楽しい」など笑顔になられておりました。
# by soma-shakyo | 2014-05-29 17:35 | Comments(0)
5月14日(水)に平成26年度第1回地域介護支援専門員定例会を開催いたしました。
f0296368_126742.jpg

この定例会は、相馬市地域包括支援センターが地域で活動している介護支援専門員を対象に年4回の研修を予定しています。
今回は「介護支援専門員としてアプローチ」~相談者や利用者へのアプローチに関する考え方を検討する~をテーマにグループワークを行いました。
f0296368_1264153.jpg

経験年数や主任介護支援専門員に分けて、地域の介護支援専門員からの事例でアプローチの方法などKJ法を用いて検証しました。
f0296368_1271346.jpg

本人の力や近所・家族の力を見極める大切さ、緊急時の対応方法などの意見や考え方が出されました。
本会では、今後もこのような活動を通して地域の介護支援専門員の連携や個々のスキルアップなどに支援をしていきたいと思います。
# by soma-shakyo | 2014-05-15 12:07 | Comments(0)